新人教育は難しい!イライラの日々から得た教え方のコツ

みなさんは新人や部下に教育していく事を難しいと悩んだことはありませんか?

4月になると新入社員が入社したり、もしくは中途採用で入社したりと自分が先輩になる瞬間がありますよね。

先輩になると後輩のフォローしたり、質問に答えたりといつもより大変。正直イライラしてしまうことが結構あります。

「順調にいけば、定時で上がれるか時間が押しても遅くはならないぐらいであがれそう」なんて思っていたら、

「ちょっとすいません」って新人さんに声掛けられ結局、自分の仕事が出来ずに残業するはめになるんて日常茶飯事。

新人教育は、ある程度の距離が大事だと思う

とはいえ新人さんも大事な仲間です。一緒に仕事をする上で、しっかり教育し一人前になったら仕事を任せて自分の負担も少なくなる!なんて思い気合いをいれていたけど、

「どうも最近の子は怒るとすぐ辞めるとか、ふてくされて仕事をしなくなるらしい。褒めて伸ばす傾向にあるらしいよ」なんて事、聞いた物だから、

失敗しても「あーいいよ、いいよ大丈夫、人間誰でも失敗あるから、大事なのは失敗したあと、どうフォローするかだから」

なんて言って時には「おーすごいね!何、もうこんな事出来るの?自分の時まだ出来なかったよ!」なんて言って褒めてばかりでした。

部下から好かれ相談もされる先輩になったけど、同時に質問しやすいからか良く質問飛んできて、その度に自分の仕事の手が止まってイライラするはめに。

フォローばかりしてた好かれて良いのですが、距離が近くなり分からない事は聞けばいいや。って感じになってしまうのでしょうね。2度3度教えた事でも同じ質問をしてくる。

いつでも聞けるからって安心してて仕事を覚えるという危機感が無さすぎて育たない現状。教育していく上ではある程度距離感がいるのかなぁ。と熟々感じました。

新人の将来性の分岐点

そうはいっても新人も同じ仕事を繰り返す事で徐々に仕事を覚えていきます。それによって自分の仕事が減るなんて事はないのですが。

今までより質問の数が多少、減るだけ。新人は自分の仕事をするだけ、時には与えられた仕事だけして終わったら帰るというロボットみたいなっていまいます。

仕舞いに色々とフォローした事なんか忘れて仕事教えた事なんかも忘れて感謝の気持ちすら忘れたブリキのロボットみたいになってしまうんです。

挙げ句の果てには、質問ばかりしてきて人の仕事の邪魔する癖に、先輩は仕事が遅いなんて言われ、またイライラ!

だけど新人にも色々いて、周りを良く見ていて自分が手が空いている時は人をフォローしたり「何か手伝う事ありますか」なんていう新人もいるんです。

そうい新人は先輩に、質問するとき必ずこう言うんですよね。

「すいません、お手付きですか」とか「作業中、すいません今いいですか」って言ってから質問するんですよね。こういう新人は自分から学ぼうとするので仕事を覚えるのが早い!

でもそうじゃない新人は先輩がなにをしてても「これどうしたら良いですか」って不躾にも程があるって奴ですよ。

しまいには仕事なんだから聞いて当然、聞かれて当然的な発言までするからお手上げです。仕事していくでより高見を目指せる人とそうでない人、いわゆる将来性のある新人かどうかってすでに見えます。

圧倒的に自分から学ぼうとする新人は、他から必要とされ先輩達も積極的に仕事を教えます。

そうでない新人は、不躾だから教える気にならないとか、教える時間が無駄とか、自分でやった方が早い。ってなっていまい、結局その新人は仕事が出来ない人なってしまうのです。

でもそれはやっぱ本人のせい?教育した人のせい?

「教え方」という点で重要だなと感じた6つのこと


新人教育は難しい。教え方にいつも戸惑ったし、コツがあれば誰か教えてほしいと悩んでた日々。

社会人になった以上、社会人としてもマナーを教えるのが先輩の勤めであり、仕事だけを教えるのが教育係ではないと言う点も学びました。

一番最初にそれを出来なかったから育たない新人なっていまい、自ら学ぶ姿勢を作る事が出来ないですよね。

元より社会人としてのマナーや一般的なマナーをしっている者は不躾な言動はせず、周りを見てそれ真似し学ぶのですが、そういった人が優秀なだけと思わなければいけない事です。

仕事で失敗したら頭ごなしで怒ったり注意するは良くない・・。それでも注意したり怒ったりしますが、必ず同じミスをしないよう対策を考えてあげる事も大事です。

例えば遅刻した時、いきなり怒るのではなく、何故遅刻したのか。それは未然防げなかったのか。と原因と対策を考えるべきでした。

次は頑張ろうではまた同じミス犯をしてしまいます。

まず遅刻はいけない事だという事を教え、原因も色々で原因を聞かずに怒るだけでは相手も不満が出る事もあります。

単純に寝坊であれば不満はないでしょうが、公共交通機関の遅延であれば「自分のせいではないのに」って不満になる事もあると思います。

ですので、まず原因を聞いてそれに対しての対策を一緒に考える事で後輩のモチベーションも上がるはずです!

新人教育係として色々難しい体験をしてみて、「教え方」という点で私なりに重要だなと感じたコツは次の6つですね・・。
 
社会人としてマナーを教える。
ある程度の距離感をつくる。
1度、2度聞いた事は自分で調べさせる。
例え遅くても仕事を任せる。完遂させる。
注意してから褒める。
自分が新人だった時を思い出す。

仕事をしない、出来ない新人の教育係に当たってしまったとイライラを募らせるのは上司として失格。しない・出来ない新人に育ててしまった自分や上司の責任であると反省です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です